admin西表島シーカヤック/カヌーツアー 西表ガイドUMICO 少人数制アクティビティツアー

UMICO(うみこ)は西表島の大自然を少人数制でご案内し、プライベート感を大切にしたツアーをいたします。シーカヤック(カヌー)、トレッキング、シュノーケルを楽しめます!石垣からの日帰り参加も可能です。

TEL.0980-85-7383/090-2908-9132

〒907-1541 沖縄県八重山郡竹富町字上原10-625


umico.iriomote@gmail.com
西表島 トレッキング

東へ西へ。森へ海へ。

二日続けて参加して頂きました。

ありがとうございます!

 

初日は森へトレッキング!

西表島の東の方にあるポイント。

 

雨が降っていたわけでは無いですが、カッパ着用でパチリ。

 

二日目は海へシーカヤック!

西表島の西側の集落、白浜から出発して船浮のイダの浜へ。

 

食っちゃ寝。食っちゃ寝。。

連休の過ごし方の見本!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〆は大雨。

お疲れ様でした!

台風明けて最初のツアー

10月に入り、気温も下がってきてトレッキングには丁度いい季節になってきましたね。

ユツン三段の滝ツアーへ行ってきました!

 

天候は曇り。時々太陽が顔を出していました。

今年は7月から雨が多い西表島でした。そのおかげで何回泣かされてことか・・・(;´д`)トホホ

その影響かユツン川のあちらこちらで地すべりを起こした様子が見てとれました。

こんな風になるユツンは初めて見ました(;゚Д゚)こんな日にここに居合わせなくて良かつた!!おっかない。

 

滝の上からの景色はとても綺麗でした!

下界では雨が結構降ったようなのですが、一滴の雨にも降られることなく帰還。持ってるね~!

 

 

 

実物はもっと綺麗だったのですが。もどかしい。

いいカメラが欲しいぜぇ

 

 

西表島を巡って~海・川・森~

西表島に初めて来られて海と川と森と日を分けて全て回ってくれました。

DAY1:まずは海から!

 

白浜からシーカヤックで月が浜までツーリング。合間にシュノーケルを挟みながら。

青い海。時より顔を出すウミガメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DAY2:仲良川支流ジャングルクルーズ(アダナデ川)シャワークライミング

海とはまったく違うロケーション。川幅は狭く景色も全然違ってこの景色も素敵やん。とは言ってなかったな。関東の人だった。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カヤックで入っていけないところまで漕ぎあがったら、

そこからは川の中を歩いてその先の滝を目指してもらいます。

泳いだり、歩いたり。暑い日には最高!

 

 

 

DAY3:ユツン三段の滝トレッキング

西表島の美味しいところを全部いただきましたね。

でもまだまだ奥深いのが西表島。

3日間かけても回り切れない遊び島:西表島。

 

ユツン三段の滝

3日間お疲れ様でした!

また是非お越しください!

 

UMICO

変わらず夏の西表

お盆も過ぎて私の生まれ故郷の北海道だと、もう秋の気配を感じるというものですが、さすが南国西表島!バリバリの夏です!!

夏休も終盤を迎え、ファミリーの季節は終えようとしています。

秋は大人の夏休み。

まだまだ水遊びしましょう!

カヌー(カヤック)、トレッキング、シュノーケリングは9月でも楽しめますよ!

 

仲良川支流リアルジャングルクルーズ(アダナデ川)シャワークライミング

ツアー1シーン

 

UMICO

ピナイサーラの滝トレッキングコース

西表島で一番有名な滝、ピナイサーラの滝へトレッキングでアクセス!

 

カヌーとトレッキングで行くツアーが一般的ですが、当店ではピナイサーラの滝はトレッキングでのツアーを行います。

 

まずは滝を目指してトレッキングスタート!

ジャングルの中をゆっくりしたスピードで約1時間半登ります。

 

滝の上!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れていれば、滝の上からの景色は絶景です!

 

滝の上から滝つぼへ

落差55m沖縄一の落差!下からも迫力ですね~

 

マングローブの林を抜けて、先ほどまでいたピナイサーラの滝を遠くから眺めて。

干潟でウユニ塩湖的写真撮影。

干潟には沢山のカニたちも見られます。

 

ジャングルからの滝の上下、マングローブも干潟もあって盛りだくさんの一日でした♪

お疲れ様でした!!

 

 

僕の上半身知りませんか?

行方不明になりました♬

 

 

想像を膨らませてお絵描きしてみました。

少なく見積もってもこんくらいはあったんじゃないかなと・・・?(笑)

私の中指を超える大きさなので、8cm級?!

ヒラタクワガタをイメージしました。

7cmオーバーは離島なら、結構いるんだとか。でも8cmオーバーならば貴重だったなぁ。

あんたの上半身はどこへ行ったんかのぉ?

 

オスも貴重だけど、メスの4cmオーバーはもっと貴重とのこと。

なかなか奥の深い世界なんですね^^;

ズレ

西表島の気温と体感とのズレ。そして西表島で生活している人と内地で生活している人の感覚のズレについて。

 

今週の火曜日から寒い日が続いています。

それぞれの最高気温・最低気温はこんな感じです。

 

9日 (火) 最高17.7℃ 最低14.2℃

10日(水) 最高16.4℃ 最低12.7℃

11日(木) 最高16.7℃ 最低13.4℃

 

土曜日まではこんな感じの気温のようです。

 

 

気温だけ見ると暖かいと思いますよね。実際内地から来られた方にとっては寒くないのでしょうね。

 

でも島で暮らしになれた者にとっては、この気温が異常なほど寒い!!!

 

靴下はもちろん上にはジャンパーを着ていました(冬だし当たり前だ)

靴下履くのは当たり前と思うかもしれませんが、この季節でもサンダルは仕舞いません。

基本サンダルです。サンダルでいられないなんて信じられないのです。

 

この時期たま~に見かける島人のファッション。

ビーチサンダルに上ダウン。

暑いのか?寒いのか?

 

 

ここまで寒いのを強調してしまいましたがツアーを行うには問題ございません。

山を歩くには最適な気温ですし、フィールドも人が少な目で自然を満喫できます。

川でのカヤック(カヌー)はマングローブの林の中に入ってしまえば風も当たらないので気持ちの良い舟旅です。

 

でも早く温かくなって欲しいと願うアウトドアガイドでした。