admin西表島シーカヤック/カヌーツアー 西表ガイドUMICO 少人数制アクティビティツアー

UMICO(うみこ)は西表島の大自然を少人数制でご案内し、プライベート感を大切にしたツアーをいたします。シーカヤック(カヌー)、トレッキング、シュノーケルを楽しめます!石垣からの日帰り参加も可能です。

TEL.0980-85-7383/090-2908-9132

〒907-1541 沖縄県八重山郡竹富町字上原10-625


umico.iriomote@gmail.com
UMICO BLOGー旅する木ー
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

明日(6月24日)出帆~第19回サバニ帆漕レース~

 

座間味~那覇間を沖縄の伝統的な帆船、サバニで漕ぎ渡るレースにうちの奥様、華子が参加いたします。

西表島で女性だけのサバニチーム「羽(パニ)」のメンバーとして、漕ぎ手として参加します。

那覇は強風のため、明日の出艇は今現在未定という話です。

あれだけ練習していたからレースが行われることを祈りますが、無理はせずに・・・。

頑張れ「羽(パニ)」!

 

応援よろしくお願いします!

今年最初のサガリバナツアー

カヤックでサガリバナの咲くポイントまでアクセス。

カヤックでアクセスするメリットはというと、

⓵カヤックだと水面に浮かんでいる花を蹴散らさないで綺麗な状態で見える。

②サガリバナの甘い香りを楽しめる。動力船だとガソリンの臭いでわからない。

③辿り着いた時に達成感がある。

 

今回は干潮のタイミングだったので水に浮かぶサガリバナは見られませんでしたが、朝の清涼な空気感を感じました。

見頃は今月末の大潮のタイミングか来月13日くらいからの大潮の時期かなぁと。

完全な私の経験からくる予想ですが、ご参考になれば。。。

でも外れても恨まないでね(笑)

 

白浜海神祭

毎年恒例となっております白浜海神祭の爬龍船競漕(ハーリー)が今年も17日の日に行われました。

15日の日に台風がやってきて開催がどうなるのか心配されましたが、この日だけなぜか晴れ。

天気予報では雨マークが出ていましたが、結局雨に降られずに無事に開催されました。

いままで記憶によると一度も台風などで中止になったことが無いというからまた驚きです。

 

さて、今年も私が所属する「カヌーガイド会」。7連覇がかかっていました。

毎年ペースメーカー役の前乗りで参加していましたが、今年は会の若返りを図って20台の若手メンバーに託しました。

結果は・・・

 

   優勝!!いえーい!!

 

 

本番までの2週間を毎日のように自分たちを追い込んで練習し、優勝を勝ち取りました!

今までで一番きれいな、揃った漕ぎだったのではないでしょうか。

練習は裏切らないね!!

 

もう一チーム「カヌーガイド会」所属のチームで「漕ぎ職人」というチームもエントリーしました。

今年は私はこちらのチームへ。

過去優勝経験のあるベテラン組で組んだチームでしたが、結果5位。。。とほほ

こちらは逆に練習しないとダメね、という結末に。

 

無事怪我もなく、終了したことが何よりです。

これからやってくるハイシーズン。優勝の余韻に浸りながら乗り切るのだ!

ではまた来年。みんなで美味しいお酒を飲みましょう!

 

サポート役に徹してくれた皆様、本当にお疲れ様でした!

 

ピナイサーラの滝トレッキングコース

西表島で一番有名な滝、ピナイサーラの滝へトレッキングでアクセス!

 

カヌーとトレッキングで行くツアーが一般的ですが、当店ではピナイサーラの滝はトレッキングでのツアーを行います。

 

まずは滝を目指してトレッキングスタート!

ジャングルの中をゆっくりしたスピードで約1時間半登ります。

 

滝の上!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れていれば、滝の上からの景色は絶景です!

 

滝の上から滝つぼへ

落差55m沖縄一の落差!下からも迫力ですね~

 

マングローブの林を抜けて、先ほどまでいたピナイサーラの滝を遠くから眺めて。

干潟でウユニ塩湖的写真撮影。

干潟には沢山のカニたちも見られます。

 

ジャングルからの滝の上下、マングローブも干潟もあって盛りだくさんの一日でした♪

お疲れ様でした!!

 

 

網取湾の奥で

西表島の南西側、網取湾の奥の浜に行ってきました。

シーカヤックで白浜から2時間半くらい。片道およそ10km。

西表の海はとても青いですが、網取周辺は更にまた青く感じます。

 

そこにはかつて自給自足の生活をしていた恵勇おじいという人が住んでいたそうです。

その人は何を思い、そこで生活していたのでしょうか?

今は亡き、会ったこともない人のことを想うという不思議な感覚。。。

この浜で何を思って生活していたのでしょうか。

 

勝手な想像ばかりが思い浮かびます。

 

ただ彼はそこで生活したかっただけかもしれませんね。

 

UMICO